岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは | NewsCafe

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

恋愛 OTONA_SALONE/LOVE
岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは


ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。


だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりにも仕事がスムーズに進み、何のトラブルもなく終わり、当然のように次の仕事につながることに大感激し、大衝撃を受けた。


ありがたさを気づく瞬間


しかし、なんと優秀なマネージャーなんだと泣く私に当のプロのマネージャー達は、「私らマネージャーとして、当たり前の仕事をしているだけですよ」と苦笑する。


もちろん今のマネージャー達は優秀なんだけど、日時や場所を間違えずスケジュールを組む、書類仕事も期日を守る、きちんとした格好で適切な営業をする、などなどいわれてみれば、会社員としての仕事をミスなく遂行している、ともいえる。


前のマネージャーはダブルブッキングすっぽかしド忘れ当たり前、請求書ひとつまともに書けない、SM女王様みたいな格好で出版社やテレビ局に行って、初対面の大作家や有名芸能人にホラ話を吹きまくる。ある意味、私以上にキャラの立ったオバサンだった。


その評価は、冷静なのか?


さて。最近は「元彼とヨリを戻す」みたいなのがちょっとしたブームらしいが、「今の人がひどすぎると、ごく普通ってだけで前の人を素晴らしかったと思い出す」「前の人がひどすぎると、ごく普通ってだけで今の人が素晴らしく見えてくる」ってのもあるのよ。


うちのお向かいにタイ料理店があって、よく行く理由はとにもかくにも近いから、だった。もちろん不味くはないけど、特に美味しいとも思わず、従業員の接客、店内の雰囲気、あらゆるものが「可もなく不可もなく」と見ていた。


元彼は遠きにありて思うもの


それが先日、たまたま別のタイ料理店に入ったのね。そしたら、メニューの半分以上が「できない」と素っ気なくいわれ、従業員が客そっちのけでカラオケしてんの。あきれはてたと同時に、うちの向かいにあるタイ料理店はなんて素晴らしい店だったんだ、と驚いた。


これよ、あなたの元彼への唐突な高評価は。私のたとえ話はぴたりとハマるもんじゃないが、元彼に心がいってるあなた。比較、対比で変わるだけのこともあり、本人そのものの冷静な評価ではないかもってことを、心に留めておいてちようだい。

《OTONA SALONE》

特集

page top