西・東日本の梅雨入りは平年並の予想…各地方で昨年よりも長い梅雨に | NewsCafe

西・東日本の梅雨入りは平年並の予想…各地方で昨年よりも長い梅雨に

子育て・教育 リセマム/生活・健康/その他
2019年 梅雨の天気図イメージ
  • 2019年 梅雨の天気図イメージ
  • 2019年 梅雨期間の傾向
  • 2019年 梅雨の雨量傾向
  • 2019年 地方ごとの梅雨の天気傾向1
  • 2019年 地方ごとの梅雨の天気傾向2
  • 2019年 地方ごとの梅雨の天気傾向3
  • 2019年 各地方の梅雨入り・梅雨明け予想
 ウェザーニューズは2019年5月21日、2019年の「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表した。今年は、沖縄や奄美で平年よりも遅い梅雨入りとなったが、そのほかの梅雨入りは平年並となる予想。

 5月14日に全国に先駆けて梅雨入りが発表された奄美に続き、16日には沖縄でも梅雨入りとなった。沖縄、奄美ともに昨年よりは早いものの、平年よりも遅い梅雨入りだった。九州から東北の梅雨入りは平年並となる予想で、梅雨明けは九州や北陸、東北で平年より遅くなるが、そのほかの地方では平年並の見込みという。

 現在、弱いエルニーニョ現象が継続しているとみられており、その影響で太平洋高気圧の中心は平年に比べ南東側にずれる見通し。太平洋高気圧は西への張り出しは強いものの北への張り出しが弱く、梅雨前線の北上が遅れ、暖かく湿った空気が流れ込みやすい九州や北陸、東北では梅雨明けが遅れる可能性がある。

 梅雨の期間については九州や北陸、東北地方で平年よりも1週間前後長くなる予想。中国・四国、近畿、東海、関東甲信では平年並の長さとなるが、全国的に短かった昨年の梅雨と比べると関東甲信では約3週間、そのほかの地方でも1週間前後長くなる模様。沖縄でも平年よりは短いものの、昨年より約2週間長い梅雨となりそうだ。
《鶴田雅美》

特集

page top