【MLB】大谷翔平、150キロ直撃で右手骨折はなしも…急がれる“死球回避術”の復活 | NewsCafe

【MLB】大谷翔平、150キロ直撃で右手骨折はなしも…急がれる“死球回避術”の復活

スポーツ フルカウント
投球が直撃し苦悶の表情を浮かべたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
■日本ハム5年間1170打席で4死球、昨季は367打席で2死球だった

■ツインズ 3-1 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦の8回、右手薬指に投球が直撃。苦悶の表情を浮かべてベンチへ下がった。今季初の1試合3三振で2戦連続無安打。打率.250となった。試合後、オースマス監督はレントゲン検査で骨折はなかったこと、21日(同22日)の試合出場については球団ドクター、トレーナーが患部の状態をチェックしてから決めると明かした。

 2点を追う8回先頭だった。大谷は左腕ロジャースの内角高めへ抜けてきた150キロのツーシームに反応。打ちにいった右手薬指にもろに受けた。どんな時も表情に出さない24歳が左打席付近に膝をついて苦悶の表情。ベンチから水原通訳、球団トレーナーが慌てて飛び出してきた。バットが回っていたため空振り三振となったが、大谷の負傷に球場内は騒然となった。
《Full-count》

特集

page top