4野党、8選挙区で新たに一本化=参院選1人区、計11に | NewsCafe

4野党、8選挙区で新たに一本化=参院選1人区、計11に

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 立憲民主、国民民主、共産、社民各党の幹事長・書記局長は21日、国会内で会談し、夏の参院選で新たに八つの1人区で候補を一本化することを決めた。32ある1人区のうち、既に合意済みの愛媛、熊本、沖縄と合わせ、野党が共闘する選挙区は計11となった。残る選挙区の月内合意に向け、調整を加速させる。
 4野党は全1人区での合意を目指しており、28日にも党首会談を開いて結果を公表したい考えだ。
 新たに決まったのは山形、福島、栃木、群馬、新潟、福井、三重、和歌山の8選挙区。このうち栃木と群馬は立憲、福井は共産、その他は無所属候補にそれぞれ一本化する。共産は候補のいなかった新潟を除く6選挙区で取り下げる。 
《時事通信社》

特集

page top