女性に振られた経団連=副会長打診も「拒絶」 | NewsCafe

女性に振られた経団連=副会長打診も「拒絶」

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 中西宏明経団連会長は21日の東京都内での講演で、複数の女性経営者に副会長就任を打診したものの、断られたことを明らかにした。18人いる副会長は男性ばかりで、過去も女性が就任した例はない。多様性を模索したものの、経団連は魅力に乏しかったとみられ、振られた格好だ。
 中西氏は「女性(候補者)と交渉したが、拒絶された」と説明。理由について「創造的な議論ができないと思っているのかもしれない」との見方を披露した上で、「経団連の文化、仕組みを変えないと、女性リーダーに来てもらえない」と語った。具体的な名前は明らかにしなかった。 
《時事通信社》

特集

page top