銃乱射被告、テロ容疑でも訴追=NZ | NewsCafe

銃乱射被告、テロ容疑でも訴追=NZ

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)警察は21日、クライストチャーチのモスク(イスラム礼拝所)で3月15日に起きた銃乱射事件で、殺人容疑などに問われているブレントン・タラント被告(28)を、テロ行為に関与した容疑でも新たに訴追したと発表した。
 テロ行為は有罪なら終身刑となる可能性がある。タラント被告はこのほか51件の殺人容疑、40件の殺人未遂容疑で訴追されている。事件では51人が死亡。被告は白人至上主義に傾倒していたことが分かっている。警察はこの日、遺族や被害者ら約200人を前に捜査状況や今後の法廷での手続きを説明した。 
《時事通信社》

特集

page top