ANAの空飛ぶウミガメ「フライングホヌ」、バスになって路上に登場 ブルー&オレンジ | NewsCafe

ANAの空飛ぶウミガメ「フライングホヌ」、バスになって路上に登場 ブルー&オレンジ

車・乗り物 乗り物ニュース
ホノルル中心部を走る「ANAブルー」の「ANAエクスプレスバス」(2019年5月、恵 知仁撮影)。
ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」、それと同様のデザインを持つ電気バスがハワイ・ホノルルに登場しました。ANAマイレージクラブ会員向けの無料バスで、ワイキキとアラモアナを15分間隔、直行で結びます。

マイレージクラブ会員向けの無料バス

 ANA(全日空)が2019年5月24日(金)に、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線へ投入するエアバスA380型機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」。ハワイで神聖な生き物とされている「ウミガメ(ホヌ)」の特別塗装などが特徴で、「ハワイの空」をイメージした「ANAブルー」の1号機、「ハワイの海」をイメージした「エメラルドグリーン」の2号機、「ハワイの夕日」をイメージした「サンセットオレンジ」の3号機が順次、就航します。 この「『フライングホヌ』っぽい乗りもの」がひとあし早い2019年4月20日(土)、ホノルルに登場しました。ANAが、マイレージクラブ会員向けに走らせている電気バス「ANAエクスプレスバス」です。

 ワイキキ~アラモアナ間を、直行およそ12分で連絡。9時台から21時台まで15分間隔の運行なため、時間を気にせずショッピングできるといいます。 バスは「ANAブルー」「サンセットオレンジ」の2種類。「東京発ホノルル行き往復航空券をANA便名で購入したANAマイレージクラブ会員」であれば、無料で乗車できます。会員本人にくわえ、18歳未満の子どもも3名まで同行可能だそうです。 乗車可能期間は東京発ホノルル便の、ホノルル到着日を含む10日間。乗車前に、スマートフォンアプリなどからチケットを取得して利用します(それ以外の乗車方法もあり)。
《乗りものニュース》

特集

page top