【漫画】「嫁が生きてきた壮絶な16年間」が想像の100倍壮絶で読むに堪えない / それでも児童虐待から目を逸らすな | NewsCafe

【漫画】「嫁が生きてきた壮絶な16年間」が想像の100倍壮絶で読むに堪えない / それでも児童虐待から目を逸らすな

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【漫画】「嫁が生きてきた壮絶な16年間」が想像の100倍壮絶で読むに堪えない / それでも児童虐待から目を逸らすな

【漫画】「嫁が生きてきた壮絶な16年間」が想像の100倍壮絶で読むに堪えない / それでも児童虐待から目を逸らすな


出だしから申し訳ないが、今回ご紹介する漫画『嫁が生きてきた壮絶な16年間』は、ハッキリ言って胸クソが悪くなる作品である。もちろん作品そのものではなく、漫画に登場する「約10年に渡り児童虐待し続けた親に対して」だ。


鬼か魔物か畜生か──。そんな言葉では生ぬるいほど作品に登場する親はヒドい。なので、万人に「読んでください」とは言いづらいが、それでも万人が読むべき作品でもあると思う。社会の一員である以上、我々は児童虐待から目を逸らしてはならない。


・壮絶すぎる体験談
漫画『嫁が生きてきた壮絶な16年間』を公開したのは、フリーダム嫁の旦那(@freeyomekan)さんだ。2019年5月17日に公開された『嫁が生きてきた壮絶な16年間』の全編まとめは大きな話題を呼び、4日間で1万9000リツイート以上を記録している。


作品は全て作者の奥さまが体験された体験談であり、ゆえに生々しさがハンパではない。冒頭でもお伝えした通り、怒りとやるせなさが押し寄せ最後まで読むには心を強く持たなければならないが、それでも全ての人に読んで欲しい作品である。


・6歳から約10年間の虐待

《ロケットニュース24》

特集

page top