米大統領は「実力を過小評価」=5G技術に自信―ファーウェイ創業者 | NewsCafe

米大統領は「実力を過小評価」=5G技術に自信―ファーウェイ創業者

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 【北京時事】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)創業者の任正非・最高経営責任者(CEO)は21日、中国国営中央テレビとのインタビューで、ファーウェイと米国企業の取引を原則禁じる米制裁への対応に関し、「既に準備を整えている」と強調した。さらに、トランプ米大統領を念頭に、「米国の政治家は、わが社の実力を過小評価している」と批判した。
 任CEOは次世代通信規格「5G」開発をめぐり、米制裁の影響を受けないと言明。「5G技術で、他社が2~3年内にファーウェイに追い付くことはあり得ない」と自信を示した。
 制裁に伴い米国製半導体の調達が困難になる問題では、「米国製と同様のチップを製造することは可能だ」と説明した。一方で、「(米国製を)買わないわけではない」と語り、調達の継続を目指す姿勢も見せた。 
《時事通信社》

特集

page top