芳根京子、パクチー克服の催眠術をかけられたその後を語る「母は驚愕していました」 | NewsCafe

芳根京子、パクチー克服の催眠術をかけられたその後を語る「母は驚愕していました」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
芳根京子、パクチー克服の催眠術をかけられたその後を語る「母は驚愕していました」
 女優の芳根京子が18日に自身のアメブロを更新。出演する映画『居眠り磐音』のPRのため様々な番組に出演していることを明かした。


 同映画は、昼はうなぎ屋で働き、夜は用心棒として働く坂崎磐音(松坂桃李)が江戸で出会った大切な人たちを守るため、悪に立ち向かうさまを描いた物語。芳根は磐音の許嫁・小林奈緒役を演じている。この日芳根は「本日映画「居眠り磐音」公開いたしました。初日舞台挨拶に登壇させていただきました。ありがとうございました 沢山の方にこの作品が届きますように。」と自身の写真を公開した。

 また「そしていくつかバラエティの放送も始まっています。」とPRのために様々な番組に出演しているようで、「沢山コメントや、次の日も現場で沢山の方にあれ、本当!?と驚かれたパクチーが食べれるようになる催眠術の件ですが。笑」とバラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でお笑いコンビ・ありがとうの細野哲平からパクチーが食べられるようになる催眠術をかけられたことを明かし「あの収録の数日後 母と食べに行きました。」と再びパクチーに挑戦したことを明かした。

 続けて「食べれたことが自信になるということなので、いざ、検証。」と食べている自身の写真を公開、「結果は、2口食べれました。3口目から、むむむ。。という感じです。」と明かした。しかし「今までではあり得ない、考えられないパクチー乗せに母は驚愕していました。そりゃそうだよね。今まで母の器にパクチーが入ってるだけで、パクチー食べなくても同じ器に入っただけで、香りを感じるだけで、シェア出来なかったんだもん。だからいつも母のパクチーは別盛りでした。」と以前に比べるとかなり食べられているとのこと。

 さらに「このまま食べ続けていたら好きになったりするかなぁ。なんて希望を抱きながら、収録後、数回母とパクチー有りタイ料理を食べに行ってます。」と明かし「パクチーだけがどうしても、どうしても味も香りもダメで、頑張っても食べれなかったので」「母が大好きなパクチーを入れたお料理を一緒にシェアしあえるのが嬉しいです!!」「きっかけをくださったスタッフの皆さん、細野さん、ありがとうございました!!」と感謝の言葉でブログを締めくくった。

 これに対してファンからは「バラエティーの芳根ちゃんはとても面白いです!」「またひとつ、オトナになってしまいましたね(笑)」「居眠り磐音無事公開おめでとうございます!」「居眠り磐音 夫婦で観てきましたよ」などのコメントが寄せられている。

▶︎最高視聴率47%を記録! 韓国中が夢中になったシンデレラストーリー(Abemaビデオで配信中)
《AbemaTIMES》

特集

page top