作業責任者に有罪=歩行者死亡のパイプ落下事故―東京地裁 | NewsCafe

作業責任者に有罪=歩行者死亡のパイプ落下事故―東京地裁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 東京都港区六本木で2016年、工事中のマンションから鉄パイプが落下し、直撃した歩行中の男性が死亡した事故で、業務上過失致死罪などに問われた下請け会社「B―LINE」(横浜市)の作業責任者、足立圭佑被告(32)と同社の判決が21日、東京地裁であった。西野吾一裁判長は「あまりにずさん」と述べ、足立被告に禁錮1年6月、執行猶予4年(求刑禁錮1年6月)を言い渡した。同社は求刑通り罰金50万円とした。
 西野裁判長は判決で、足立被告は地上からの目視で点検を済ませ、鉄パイプが固定されていなかったことを見逃したと指摘。「妻と歩いていただけの男性は、なすすべもなく亡くなった」と述べた。
 判決によると、足立被告は16年10月14日、歩行者を通行止めにするなどの対策を怠ったまま足場を解体。鉄パイプ(約1.9キロ)を高さ約24メートルから落下させ、歩道を歩いていた飯村一彦さん=当時(77)=の側頭部に直撃させて死亡させた。 
《時事通信社》

特集

page top