元日本ハムエース西崎氏が期待する、吉田輝星と柿木蓮の前向きなライバル関係 | NewsCafe

元日本ハムエース西崎氏が期待する、吉田輝星と柿木蓮の前向きなライバル関係

スポーツ フルカウント
日本ハム・柿木蓮(左)と吉田輝星【写真:荒川祐史】
■「『アイツには負けない』って思いが、2人にはあるんじゃないかと思います」

 プロ野球は開幕から1か月が過ぎ、期待通りの活躍をしている選手、思うようなパフォーマンスが披露できない選手と様々だ。各チームで早くも戦力の入れ替えが行われる中、2軍では1軍昇格を目指す若手選手が自己研鑽の毎日を送っている。

 日本ハムのファーム施設がある千葉県鎌ケ谷では、2018年ドラフト1位の吉田輝星投手、同5位の柿木蓮投手がイースタン・リーグのマウンドに上がりながら、初めて味わう野球一色の日々に没頭している。若手選手の育成には定評のある日本ハムだが、それ以上に「同期ライバル」の刺激による高め合いを期待するのが、かつて日本ハムのエースとして活躍した西崎幸広氏だ。

 ルーキーイヤーの1987年に15勝7敗、防御率2.89という圧倒的な成績を収めながら、登板試合数、投球回、奪三振数、防御率でわずかに上回った近鉄・阿波野秀幸(現中日1軍投手コーチ)が新人王を獲得し、西崎氏は史上初のパ・リーグ会長特別賞を受賞した。西崎氏はこの年から3年連続で15勝以上を記録するなど、長く日本ハムのエースとしてチームを牽引。その原動力となったのは「チーム内の投手には誰にも負けたくない」という思いだったという。
《Full-count》

特集

page top