戦争発言の丸山氏「絶対辞めない」=維新幹部を非難 | NewsCafe

戦争発言の丸山氏「絶対辞めない」=維新幹部を非難

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 戦争による北方領土奪還に言及し、野党6党派に辞職勧告決議案を提出された丸山穂高衆院議員は20日、「言論府が自らの首を絞めかねない行為だ。絶対に辞めない」と述べ、改めて議員辞職を否定した。国会内で記者団の質問に答えた。
 「戦争」発言を受け、丸山氏が所属していた日本維新の会の片山虎之助共同代表らは17日、在日ロシア大使館でガルージン駐日大使に会い、謝罪した。これについて丸山氏は「北方領土を不法に占拠しているのはロシアだ。誤ったメッセージを送りかねない」と非難した。
 また、維新の松井一郎代表(大阪市長)が19日に自らのツイッターに丸山氏のことを「アルコール依存症」と書き込んだことに対し、「どういう形で断定したのか」と述べ、撤回と謝罪を求めた。 
《時事通信社》

特集

page top