筧被告「死んでおわび」=二審判決前に面会応じ―記憶あやふやな様子も・大阪 | NewsCafe

筧被告「死んでおわび」=二審判決前に面会応じ―記憶あやふやな様子も・大阪

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 「死んでおわびをします」。京都、大阪、兵庫で起きた青酸による連続不審死事件で、一審京都地裁で死刑判決を受けた筧千佐子被告(72)が24日の大阪高裁判決を前に、大阪拘置所(大阪市都島区)で時事通信の取材に応じた。「死刑にしてください。あの世に行く」と被害者や遺族に対する謝罪と覚悟の言葉を述べる一方、一連の事件について覚えているのは「半分半分」と語るなど、記憶があやふやな様子も見せた。
 面会は4月に2回行った。筧被告の髪は白くなり、肩にかかる長さまで伸びていた。表情には疲労がにじみ、何度か質問を聞き返すこともあったが、終始はっきりした口調で、時折笑顔も見せた。
 一連の事件について、被害者の氏名を挙げて殺したか質問すると「殺したかな?」「裁判のときに言っている」などと述べ、明確にはしなかった。しかし、別の日に同じ質問をすると、夫勇夫さん=当時(75)=を殺害したことは認めたが、他の被害者は「殺していない。殺すような深い付き合いをしていない」と否定した。
 死刑判決は「人をあやめたら死刑になる。裁判のときも『嫌や』とか言っていない」と淡々と受け止めていた。「恐怖は感じないのか」と問うと、「不安は通り過ぎた。くだらない質問」と切り捨てた。一審判決が維持された場合、上告するかは、「そこまで考えていない。あすの命も分からないから」と明言を避けた。
 弁護側は裁判で、認知症で訴訟能力を失っていると主張した。筧被告は「認知症ではなく年相応に忘れっぽいだけ」と述べる一方、「(認知症の自覚も)所々ある」と話すこともあった。その上で、「昔のことを思い出したくない気持ちもある。孫の名前や年も全部忘れた」と語った。 
《時事通信社》

特集

page top