【MLB】田中将大、179キロ打球直撃で降板も…NYメディアは快投を称賛「きっちり仕事」 | NewsCafe

【MLB】田中将大、179キロ打球直撃で降板も…NYメディアは快投を称賛「きっちり仕事」

スポーツ フルカウント
レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
■打球が右すね直撃で降板、ヤンキースは痛恨逆転負けで「悔しい敗戦」

■レイズ 2-1 ヤンキース(日本時間19日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦で6回3安打無失点無四球6奪三振と好投した。しかし、6回最後の打者の111マイル(約178.7キロ)の痛烈な打球が右すねに直撃して降板。その後、救援陣が同点に追いつかれると、延長11回に勝ち越されてヤンキースは1-2で敗れた。米メディアは、田中について「仕事をきっちりこなした」と評価している。

 田中は、前回登板に続いて昨季サイ・ヤング賞の左腕スネルに投げ勝った。打線が3回に暴投で挙げた1点のリードを守り、5回まで無失点投球。アクシデントに見舞われたのは6回だ。2死二塁の場面でディアスの打球が右すねに直撃。ボールは一塁手ボイトの前に転がったため無失点で切り抜けたが、ここで降板となった。

 試合後の検査の結果、「打撲」と診断されたという田中。骨に異常はなかったが、次回登板については、まだどうなるか分からないという。離脱となれば大きな痛手だけに、ニューヨークメディアも心配を隠せなかった。それだけ、今のヤンキースに田中は欠かせない存在だ。
《Full-count》

特集

page top