福山雅治『集団左遷!!』今さらの“ミスキャスト”評噴出で俳優廃業危機 | NewsCafe

福山雅治『集団左遷!!』今さらの“ミスキャスト”評噴出で俳優廃業危機

芸能 まいじつ/entertainment
福山雅治『集団左遷!!』今さらの“ミスキャスト”評噴出で俳優廃業危機

(C)まいじつ


現在放送中のTBS日曜劇場『集団左遷!!』に、今さらながら「ミスキャストだ」の声が噴出している。同ドラマは福山雅治が主演。5月12日放送の第4話までの平均視聴率は10.8%で、これをいいと見るか悪いと見るかは微妙だ。


【関連】福山雅治『集団左遷!!』のオーバー演技に「安っぽい」と呆れ声続出 ほか

「日曜劇場は、あの『半沢直樹』(全話平均視聴率28.7%)を生んだドラマの名門枠。直近の10作で平均視聴率10%前後が4作あったものの、17%台、16%台が1回ずつ14%台が2回、13%台が2回と、6割の作品が13%を超えています。『集団左遷!!』はどうでしょうか」(ドラマライター)


『集団左遷!!』は第2話と第4話で、すでに10%割れを記録。今は初回に記録した13.8%の貯金で持っている感じだ。


「福山は切羽詰まった銀行マンを演じているのですが、何だかそれを感じさせない。どこかタレント然としており、リアリティーに欠けるのです。すぐ白い歯を見せるし、どう見ても顔に締まりがない。完全にミスキャストです」(同・ライター)


《まいじつ》

特集

page top