【MLB】ヤンキース傘下の加藤豪将、3Aから2A降格 監督は「成績が問題ではない」 | NewsCafe

【MLB】ヤンキース傘下の加藤豪将、3Aから2A降格 監督は「成績が問題ではない」

スポーツ フルカウント
2A降格が決まったヤンキース傘下・加藤豪将【写真:編集部】
■4月は打率.355、OPS1.058と活躍も…最近8試合は打率.115と苦戦

 ヤンキース傘下3Aスクラントンで開幕を迎えていた加藤豪将内野手が17日(日本時間18日)、2Aトレントンに降格。合流初戦は「2番・DH」でフル出場し、3打数2安打2四球おの4出塁と活躍し、6-2での勝利に貢献した。3Aでは最近の試合で成績を落としていたとは言え、打率.304での降格に地元メディアは「不運」と伝えている。

 2013年のドラフト2巡目指名でヤンキースに入団した加藤は、7年目の今季初めて3Aでプレー。開幕からスタートダッシュに成功し、4月は18試合出場で打率.355、5本塁打、13打点、OPS(出塁率+長打率)1.058と圧倒的な成績を残した。

 ヤンキースに怪我人が続出する中でメジャー初昇格をアピールしたが、5月4日(同5日)以降は8試合出場で26打数3安打の打率.115。ベンチスタートも多くなった。3日(同4日)のメッツ傘下3Aシラキュース戦後には今季最高の打率.368としていたが、そこから数字を落とし、開幕から29試合出場で打率.304、7本塁打、18打点、OPS.925となっていた。
《Full-count》

特集

page top