広島6連勝で貯金5、西川弾&バティスタ弾&ジョンソン3勝目 阪神は連敗… | NewsCafe

広島6連勝で貯金5、西川弾&バティスタ弾&ジョンソン3勝目 阪神は連敗…

スポーツ フルカウント
広島のサビエル・バティスタ【写真:荒川祐史】
■阪神はメッセンジャー力投も2被弾に泣く

■広島 4-0 阪神(18日・甲子園)

 広島は18日、敵地で阪神に4-0で快勝。6連勝で貯金「5」とした。初回に西川の3ランで先制すると、6回にはバティスタのソロ弾で貴重な追加点。投げては先発ジョンソンが6回6安打無失点6奪三振と好投し、自身2連勝で3勝目(3敗)を挙げた。

 広島は初回、野間のヒットや鈴木の四球で2死一、三塁とすると、西川が阪神メッセンジャーからライトスタンドに運ぶ3ラン。先制に成功した。

 先発ジョンソンは2回に1死満塁のピンチを背負うも、メッセンジャーを見逃し三振、近本を遊ゴロに仕留めて無失点。5回まで毎回ヒットで走者を出しながら、点は与えなかった。

 阪神メッセンジャーも2回以降は快投していたが、6回2死からバティスタがソロ。貴重な一発でリードを4点に広げた。

 7回は一岡、8回はフランスアとつなぎ、最後は中崎が締めて快勝。連勝を「6」に伸ばした。

 阪神はメッセンジャーが力投も、2発のホームランで4失点。打線もあと1本が出ずに得点を奪えず、連敗でカード負け越しとなった。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top