ロッテ井口監督「一気に畳み掛けられた」 6回に相手の3失策に乗じて大量点 | NewsCafe

ロッテ井口監督「一気に畳み掛けられた」 6回に相手の3失策に乗じて大量点

スポーツ フルカウント
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
■先発の種市が無傷の3勝目「6回を2点でしっかり抑えてくれた」

■ロッテ 9-2 オリックス(16日・ZOZOマリン)

 ロッテは16日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス戦に9-2で勝利し、再び貯金を1とした。

 先発種市が2回に連打から自らの暴投などで、2点を先制される苦しい展開となったが、4回2死から4番井上が右翼スタンドへ運ぶ5号ソロで1点差に詰め寄った。続く5回には中村奨の左中間二塁打から、9番藤岡が山本のカーブを左翼前に弾き返す同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 6回には相手のミスに乗じてビッグイニングを作った。先頭の鈴木の飛球を右翼の小島がまさかの落球。鈴木が一気に三塁を陥れチャンスを作り、「ワンチャンスを活かせるように」と、指揮官がこの日3番に起用した清田が勝負強さを発揮。150キロの直球を右中間へはじき返し、今季16イニングで2得点しかあげられなかった山本由伸から、勝ち越しの3点目を奪った。
《Full-count》

特集

page top