「災害用袋」で作る3つの暖かいレシピ 災害時の防災食作りはリハーサルしておこう  | NewsCafe

「災害用袋」で作る3つの暖かいレシピ 災害時の防災食作りはリハーサルしておこう 

お金 マネーの達人
「災害用袋」で作る3つの暖かいレシピ 災害時の防災食作りはリハーサルしておこう 
「災害にはできるだけ備えておきたい」

と、大半の人が考えているのではないでしょうか?

災害時、パニックにならずに冷静に過ごすためには、予行演習も大切です。

そこで今回は、フードコーディネーター田中美和先生に「キャンプ場などのアウトドア施設でもリハーサルが可能な防災食3品」を教えてもらいました。

フードコーディネーター田中美和先生

以前、「マネーの達人」で紹介した「しらたきのダイエット炊き込みご飯」のレシピを教えてくれた先生です。

全国放送のバラエティ番組で調理経験を持つほか、四国の情報番組などにレギュラー出演しています。

子供たちを惹きつける工夫を凝らしたレシピと、子どもたちの目線に立った指導に定評があり、主宰のキッズクッキングは毎回ほぼ予約待ちです。

代用できるものは代用しよう

災害時には、生き延びることを最優先に考え、代用できるものは代用していきましょう。

電気やガスの供給がストップしたときにはカセットコンロで代用し、飲料水の量が限られているときは、鍋に入れる水を溜め置きしてある水で代用するという方法があります。

ただ、溜め置きした水を使うときは、雑菌が繁殖しないよう災害発生日当日など早めに使用してください

また、体内に入っても体に害のない除菌スプレーで災害用袋を除菌し、きれいに拭き取ってから食べてください

やっぱり食べたい「白いご飯」

災害という緊急時にも、やはり主食としている「お米は欠かせない」という人も多いと思います。

自分のためにも家族のためにも、ご飯の炊き方をマスターしておくと便利です。

材料

・ 米
《マネーの達人》

特集

page top