山本耕史、ファンから婚姻届が送られてきた過去を明かす | NewsCafe

山本耕史、ファンから婚姻届が送られてきた過去を明かす

芸能 E-TALENTBANK

5月15日に放送されたテレビ東京系『家、ついて行ってイイですか?』に山本耕史が出演した。

【別の記事】山本耕史 ある芸人のせいで妻・堀北真希さんに怪しまれること明かす

番組では、大ファンの格闘家にファンレターを送るなど7年間猛アタックを続け、ついには交際に発展したという女性に密着した様子がVTRで放送された。

VTRを見ていた番組MCのビビる大木は「ファンレターでアタックし続けて叶うんだね」とコメントし、ファンから恋人になることを実現させた女性に驚いた心境を覗かせた。

また、同じく番組MCのおぎやはぎ・矢作兼は、山本に「どうなんですか?」「ファンレター出したら付き合えるものなんですか?」と冗談交じりに質問し、周囲の笑いを誘った。

これに、山本は「昔、婚姻届とか…」とファンから婚姻届が送られてきたことがあると切り出すと、出演者からは驚きの声が上がった。続けて、「『後はアナタが(ハンコ)押すだけです』みたいな」と補足し、婚姻届は山本がハンコを押せば完成するような状態だったことを明かした。

続けて、矢作の「押さなかった?」という質問に対し、山本が「一応押さなかったですね」とコメントすると、大木は「そりゃそうでしょ。なんで押しちゃうつもりなの」とツッコミを入れ、周囲の笑いを誘った。

《E-TALENTBANK》

特集

page top