オリ1イニング3失策 先発山本、味方に足引っ張られて6失点KO | NewsCafe

オリ1イニング3失策 先発山本、味方に足引っ張られて6失点KO

スポーツ フルカウント
ライトへのフライを落球したオリックス・小島脩平【写真:荒川祐史】
■6回に3つの失策が集中、1試合4失策と守乱が露呈

■ロッテ – オリックス(16日・ZOZOマリン)

 オリックスの山本由伸投手が、味方に足を引っ張られてノックアウトされた。16日、敵地でのロッテ戦で先発した山本。味方が4つの失策を犯し、今季ワーストの6失点で六回途中でマウンドを降りた。

 右腕は2点リードの4回、井上にソロを許して1点差とされると、5回には藤岡の適時打で同点とされた。悪夢は6回だった。先頭の鈴木の右飛を小島が落球。三塁まで進まれると、続く清田の中前適時打で勝ち越された。

 さらに、井上の遊ゴロを大城がエラー。レアードの中前安打で1点を加えられると、2死満塁ではT-岡田がトンネル。ここで山本は降板となり、6回途中6安打6失点、自責点は2だった。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top