あなたを悩ます雑草の種類と見分け方知ってる?気になる特徴と種類別の対策方法 | NewsCafe

あなたを悩ます雑草の種類と見分け方知ってる?気になる特徴と種類別の対策方法

グルメ オリーブオイルをひとまわし
あなたを悩ます雑草の種類と見分け方知ってる?気になる特徴と種類別の対策方法

オリジナルサイトで読む >

雑草はどこにでも生えている草としてよく知られているが、実は中には厄介な種類も存在する。見た目が似ていても違う種類の雑草も多く、その見分け方は困難だ。そこで、雑草の種類や特徴、厄介な雑草の見分け方などについて解説していく。

1. 庭に生えると厄介な雑草とは

雑草の中でも生命力、繁殖力が強い種類の雑草は、庭に生えていると非常に厄介だ。庭のお手入れをするのが大変なだけではなく、せっかく植えた植物の成長を妨げることもある。そんな雑草の種類を紹介する。

スギナ

スギナは根が深く、土の中でスギナ同士の根っこがくっつくという特徴がある。別名、地獄草とも呼ばれていて、生命力が高いので駆除するのが大変な、非常に厄介な雑草だ。

ドクダミ

ドクダミは繁殖力が強く、庭に大量に生えることがある。しかも、ドクダミの放つにおいは強いので、大量に繁殖する前に対応が必要だ。ドクダミは、ちぎれた根からでも繁殖するほどの強い繁殖力なので、なかなか駆除できずに悩んでいる人も多いようだ。

チガヤ

繁殖力と再生力が強いという特徴があるチガヤだが、駆除してもチガヤが再生するスピードに追いつけないほどとも言われている。

ヒメムカシヨモギ

キク科イズハハコ属の2年草であるヒメムカシヨモギ。高さ1〜2mになり、毛が生えているのが特徴だ。

ハルジオン

道端の芝生などでよく見かけるハルジオン。4〜7月に咲くキク科の花で、白、ピンク、薄紫がある。

スズメノカタビラ

イネ科の一年生雑草で、尖った葉が特徴だ。5〜30cmほどの丈になり、芝生に広がりやすいことから、ゴルフ場などで繁殖することがある。

オオイヌノフグ

オオバコ科クワガタソウ属の越年で、路傍に繁殖していることが多い。可憐な春の花としてよく知られている。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top