保育園側に2000万円賠償命令=プールで4歳児死亡―京都地裁 | NewsCafe

保育園側に2000万円賠償命令=プールで4歳児死亡―京都地裁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で2014年7月、プールで遊んでいた榛葉天翔ちゃん=当時(4)=が死亡した事故で、両親らが運営する社会福祉法人に賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁であった。井上一成裁判長は園側に安全確保の義務違反を認め、計約2000万円の支払いを命じた。
 判決によると、天翔ちゃんは水に沈んだ状態で発見され、救急搬送されたが低酸素脳症で1週間後に死亡した。
 井上裁判長は、園側には事前に保育士らに注意点などを教育する義務があったのに、怠ったと指摘。保育士も監視役と指導役を分けて安全を確保せず、18人用のプールに園児30人を入れ、一時プールを離れたと述べた。   京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で2014年7月、プールで遊んでいた榛葉天翔ちゃん=当時(4)=が死亡した事故で、両親らが運営する社会福祉法人に賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁であった。井上一成裁判長は園側に安全確保の義務違反を認め、計約2000万円の支払いを命じた。
 判決によると、天翔ちゃんは水に沈んだ状態で発見され、救急搬送されたが低酸素脳症で1週間後に死亡した。
 井上裁判長は、園側には事前に保育士らに注意点などを教育する義務があったのに、怠ったと指摘。保育士も監視役と指導役を分けて安全を確保せず、18人用のプールに園児30人を入れ、一時プールを離れたと述べた。 
《時事通信社》

特集

page top