ゲーム機の所有率は7割、子どもが多い家庭ほど高い傾向 | NewsCafe

ゲーム機の所有率は7割、子どもが多い家庭ほど高い傾向

子育て・教育 リセマム/教育・受験/未就学児
ゲームの所有率
  • ゲームの所有率
  • ゲームが好きか
  • ゲームが子どもの発育・成長に影響があると思うか
  • ゲームが子どもの発育・成長にどのような影響があると思うか
 子どもの多い家庭ほどゲーム機の所有率が高い傾向にあり、8割近くの人がゲームで遊ぶことが子どもの発達・成長に影響すると思っていることが、マーシュが10月6日に発表した「ゲームと子どもに関するアンケート」の結果より明らかになった。

 調査は、全国の20代~40代の既婚男女(子どもがいない、または0歳~小学生までの子どもがいる人)を対象に実施し、760人の回答を得た。調査期間は9月17日~9月19日。

 家庭用の据え置き型ゲーム機(Wii、Playstation、Xboxシリーズなど)や携帯型ゲーム機(ニンテンドーDS、PSP、PS Vitaなど)の所有率は69.4%で、7割の家庭にゲーム機がある。子どもがいない家庭の所有率は60.5%だが、子どもが1人いる家庭では72%、2人以上いる家庭では84.8%と、子どもの多い家庭ほどゲーム機の所有率が高い傾向にある。

 ゲームが好きかどうか聞いたところ、55.1%が「好き」(好き・やや好きの合計)、24.3%が「どちらともいえない」、20.6%が「嫌い」(嫌い・やや嫌いの合計)と回答した。
《工藤めぐみ》

特集

page top