高速道で車線変更も自動、今秋に新型車=世界初、日産 | NewsCafe

高速道で車線変更も自動、今秋に新型車=世界初、日産

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 日産自動車は16日、カーナビと連動して高速道路の複数車線の走行を支援するシステムを開発したと発表した。同一車線では手放しで運転でき、ハンドルに手を添えれば、追い越し時の車線変更も自動で行う。日産によると、こうした機能は世界初で、今秋発売のスポーツセダン「スカイライン」に搭載する。
 カメラや超音波センサーで周辺車両や車線を検知。3次元の高精度地図データと照合し、現在地や周囲の状況を正確に把握する。トンネル内や合流地点などを除き、高速道路でカーナビのルート走行を支援する。
 同一車線では、ハンドルやアクセル、ブレーキを操作しなくても走行可能。車線変更が必要なタイミングを自動で判断し、運転手に音声と表示で知らせる。車内カメラで運転手の様子をチェックし、注意が散漫になっている場合は警報する機能も備えた。   日産自動車は16日、カーナビと連動して高速道路の複数車線の走行を支援するシステムを開発したと発表した。同一車線では手放しで運転でき、ハンドルに手を添えれば、追い越し時の車線変更も自動で行う。日産によると、こうした機能は世界初で、今秋発売のスポーツセダン「スカイライン」に搭載する。
 カメラや超音波センサーで周辺車両や車線を検知。3次元の高精度地図データと照合し、現在地や周囲の状況を正確に把握する。トンネル内や合流地点などを除き、高速道路でカーナビのルート走行を支援する。
 同一車線では、ハンドルやアクセル、ブレーキを操作しなくても走行可能。車線変更が必要なタイミングを自動で判断し、運転手に音声と表示で知らせる。車内カメラで運転手の様子をチェックし、注意が散漫になっている場合は警報する機能も備えた。 
《時事通信社》

特集

page top