【MLB】前田健太、初マルチ&圧巻12奪三振! 投打で活躍、7回途中3安打零封で5勝目 | NewsCafe

【MLB】前田健太、初マルチ&圧巻12奪三振! 投打で活躍、7回途中3安打零封で5勝目

スポーツ フルカウント
マルチ安打かつ12奪三振で5勝目を挙げたドジャース・前田健太【写真:AP】
■前田の適時打で得た2点をドジャースは最後まで守り抜く

■ドジャース 2-0 パドレス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、今季5勝目をマークした。立ち上がりから圧巻の“奪三振ショー”を演じた右腕。6連続三振を含む今季最多の12個の三振を奪い、6回2/3を投げて3安打無失点。打っても、この日の全得点を叩き出す先制の2点適時打を放つなど、メジャー初マルチ安打を記録して投打で大活躍した。

 今季9試合目の先発マウンドにあがった前田は、面白いようにパドレス打線を手玉にとった。初回を無失点に抑えると、2回1死から2者連続三振、3回は3者連続三振を奪い、4回先頭まで実に6者連続三振。その後、2死三塁のピンチを背負ったが、ここも三振を奪ってピンチを切り抜けた。

 バットでも自らを援護。2回2死二、三塁のチャンスで打席に立つと、1ボール2ストライクからの5球目、ストロームのスライダーを捉えた打球は一塁手、二塁手、右翼手の間にポトリと落ちる右前安打。スタートを切っていた2人の走者が生還し、先制の2点適時打となった。今季4本目の安打は今季初の適時打と初の打点。さらに4回の先頭でも右前安打。メジャー初のマルチ安打を記録した。
《Full-count》

特集

page top