【MLB】「大きな前進」「圧倒的」好投ダルビッシュ、地元メディアは“手のひら返し”で称賛 | NewsCafe

【MLB】「大きな前進」「圧倒的」好投ダルビッシュ、地元メディアは“手のひら返し”で称賛

スポーツ フルカウント
レッズ戦に先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
■「シカゴトリビューン」は「疑問視されていた制球には全く問題がなく、圧倒的だった」

■レッズ 6-5 カブス(日本時間16日・シンシナティ)

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)、敵地レッズ戦に先発し、11三振を奪う好投を見せた。救援陣が追いつかれ、チームもサヨナラ負けを喫したため、3勝目はならなかったが、5回1/3を投げて5安打無四球2失点の好投。ドジャース時代の2017年8月10日(同11日)対ダイヤモンドバックス戦以来、643日ぶり通算35度目の2桁奪三振となった。

 ダルビッシュは初回、スアレスの適時二塁打でいきなり1点を失った。2、3回は無失点で切り抜け立ち直りかけたが、4回2死一塁からはイグレシアスに右中間へタイムリー二塁打を浴び2点目。6回もマウンドに上がったダルビッシュは先頭のスアレスから、この日11個目の三振を奪ったところで降板。勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りたが、リリーフ陣が8回に追いつかれ、延長10回にサヨナラ負けを喫した。
《Full-count》

特集

page top