「ツール・ド・東北 2019」初日関係者ライドにトータルテンボスが参加 | NewsCafe

「ツール・ド・東北 2019」初日関係者ライドにトータルテンボスが参加

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
「ツール・ド・東北 2019」初日関係者ライドにトータルテンボスが参加
河北新報社とヤフーは、お笑い芸人のトータルテンボスさんが9月14日(土)、15日(日)開催のサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2019」初日の関係者ライドに参加することを発表した。

「ツール・ド・東北」は、東日本大震災の復興支援、震災の記憶を未来に残していくことを目的に両社が開催するファンライド形式のサイクリングイベントだ。今年は、来年以降の東北三県への走行エリア拡大に向け、大会初日の9月14日(土)に視察ライドを実施。大会関係者が福島県南相馬市発と宮城県亘理町発の2コースを走行し、復興の現状やサイクルツーリズムにかかわる新しい道路や施設などを視察する。

トータルテンボスさんは、大会の目的に賛同し、大会に参加する「ツール・ド・東北 フレンズ」として参加。藤田憲右さんと大村朋宏さんが福島県南相馬市発の関係者ライドを走行する。また、お笑い芸人 パンサーの尾形貴弘さんも3年連続で大会に参加し、今年は「仙台発奥松島グループライド」を走行することが決定した。

一般ライダーの走行は9月15日(日)に集約。一般ライダー向け計6コースのうち5コースのエントリー受付は終了しているが、走行距離65kmの「仙台発奥松島グループライド」の受付を5月15日(水)より抽選方式にて開始する。エントリー料16,200円(税込)。申込みはJTBスポーツステーションから行う。6月3日(月)17:59締切。詳細は、ツール・ド・東北 2019公式サイトにて告知中だ。
《美坂柚木》

特集

page top