【MLB】大谷翔平と交錯→負傷交代のツインズ捕手 軽症を願う声続々「僕の足をあげる」 | NewsCafe

【MLB】大谷翔平と交錯→負傷交代のツインズ捕手 軽症を願う声続々「僕の足をあげる」

スポーツ フルカウント
大谷と交錯し負傷交代したツインズのミッチ・ガーバー【写真:Getty Images】
■8回1死一、二塁でグッドウインの中前安打で大谷が本塁に突入するも…

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

 14日(日本時間15日)のツインズ戦で今季初の猛打賞となる3安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「3番・DH」でスタメン出場すると、6回1死二塁の第3打席で中前適時打を放つなど、4打数3安打1打点と出場3試合連続マルチ安打、今季初の猛打賞で打率は.321まで上昇した。

 バットでは輝きを放った大谷だが、走塁ではミスが出た。6回1死一塁で続くシモンズが右前安打。大谷は一度、二塁ベースを蹴ったが、二、三塁間で一度ストップ。送球に目を向けると、再び三塁に向かってスタートを切ったが、間に合わずにタッチアウトとなった。

 さらに8回1死一、二塁でグッドウインが中前打で、二塁走者の大谷は一気に本塁を狙った。だが、ここは中堅バクストンが本塁へ好返球。間一髪のところでホームインを阻まれ、アウトとなってしまった。
《Full-count》

特集

page top