「覚せい剤、職場で使った」=経産省キャリアを再逮捕―警視庁 | NewsCafe

「覚せい剤、職場で使った」=経産省キャリアを再逮捕―警視庁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 経済産業省のキャリア官僚が麻薬特例法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策5課などは15日、覚せい剤取締法違反(輸入・使用)容疑で、同省自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28)を再逮捕した。「職場のトイレや会議室でも使用した」などと話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月11~15日、海外のインターネットサイトを通じて覚せい剤約20.6グラムを購入し、国際郵便で米国ロサンゼルスから成田空港に輸入。同月中旬~28日には東京都内などで、輸入したのとは別の覚せい剤を使用した疑い。
 同課によると、西田容疑者は2015年に自動車課に配属されたが、体調を崩してうつ病と診断されていた。「覚せい剤を使うと、倦怠(けんたい)感や無気力感がなくなり、すっきりする感覚があった」と供述しているという。
 覚せい剤は今年2月に東京・池袋で密売人から買ったり、国内の「闇サイト」を使って入手したりしていた。海外サイトで購入したのは、今回が初めてだったとみられる。
《時事通信社》

特集

page top