16歳少女の脚を“偏愛”するフィギュア髙橋大輔に「心底キモい…」の声 | NewsCafe

16歳少女の脚を“偏愛”するフィギュア髙橋大輔に「心底キモい…」の声

芸能 まいじつ/entertainment
16歳少女の脚を“偏愛”するフィギュア髙橋大輔に「心底キモい…」の声

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock


5月11日の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で放送されたワンコーナーが、ネット上で物議を醸している。


【関連】フィギュア高橋大輔の『酒大好き』が心配レベル「依存性になりそう…」 ほか

この日、番組には男子フィギュアスケートの髙橋大輔が登場し、競技生活からプライベートまでを赤裸々に告白。また、トークの話題は異性の好みや結婚観にも及び、MCの久本雅美は「女性のチェックする部分は?」との質問を投げ掛けていった。


髙橋が「脚の形フェチ」と明かすと、久本は「フィギュア選手の中で、この人の脚ステキだなーって人は?」と重ねて質問。すると、髙橋はロシアのアリーナ・ザギトワを挙げて「お尻から太もものラインにかけて…」「ふくらはぎもしっかりしている」と答えたため、ここでパネルを用いたクイズが出題された。


パネルに印刷されたのは、競技中の女性フィギュアスケート選手3名の写真。それぞれ上半身はシールで隠され、髙橋は脚だけをヒントにザギトワを当てることになり、結果、見事に正解を言い当てた。


《まいじつ》

特集

page top