佐藤浩市が安倍総理を揶揄? 傲慢過ぎる発言に「ダサい人…」と呆れ声 | NewsCafe

佐藤浩市が安倍総理を揶揄? 傲慢過ぎる発言に「ダサい人…」と呆れ声

芸能 まいじつ/entertainment
佐藤浩市が安倍総理を揶揄? 傲慢過ぎる発言に「ダサい人…」と呆れ声

(C)まいじつ


俳優の佐藤浩市が雑誌インタビューで、安倍晋三首相を揶揄したとも取れる発言をし、ネット上で物議を醸している。ネットでは「そもそも最初から役を受けなきゃ良かったのに」「随分とアレな役者根性」などと批判の声が上がっている。


【関連】高須克弥院長が若者の愚痴に「甘えるな!」と投稿して炎上 ほか

佐藤は、5月24日に公開される映画『空母いぶき』で自身が演じた総理大臣役について、漫画誌『ビッグコミック』のインタビューに答えている。その中で、役の設定として《彼はストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまう設定にしてもらった》と原作を改変したことを明らかにしたが、この発言が『潰瘍性大腸炎』という難病を患っている安倍首相を〝揶揄〟しているのではないかと炎上しているのだ。


他にも佐藤は、総理大臣役について《最初は絶対やりたくないと思いました(笑)》と、オファーを受けた際の複雑な心境を吐露。その理由について、《いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら引き受けました》と、制作側とともにオリジナルな『総理大臣』を作り上げた上でオファーを引き受けたと明かした。


《まいじつ》

特集

page top