ベテラン女優はアイラインを「黒2本」で引いている?床嶋さんのメイクテク拝見 | NewsCafe

ベテラン女優はアイラインを「黒2本」で引いている?床嶋さんのメイクテク拝見

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
ベテラン女優はアイラインを「黒2本」で引いている?床嶋さんのメイクテク拝見

テレビドラマや舞台などでご活躍中の女優・床嶋佳子さん。

最近では、情報番組やバラエティ番組にも出演し、正統派美人女優としてこれまで見せることのなかったお茶目な一面を披露するなど、ファン層が広がっています。

54歳を過ぎてもなお透明感のあるツヤ肌、スリムなカラダを保ち続ける美の秘訣を包み隠さず大公開した初のライフスタイル本「床嶋佳子のビューティーライフ」から、床嶋さんのキレイのヒミツをご紹介します。

今回は、年を重ねるにつれて気になる目元の印象を大きく左右するアイラインの入れ方。「ラインがガタガタになる」「うまく引けない!」などのお悩みを持たれている方も多いアイラインですが、苦手意識の克服法と大人のこなれ感がありつつ、魅力的に見せるアイライナーテクを教えていただきました。

アイライナーは違うタイプの“黒”を2本持っておくと便利

目元の引き締めに欠かせないアイライン。アイライナーにはペンシルやリキッド、ジェルなどの種類がありますが、リキッドタイプは落ちにくく、細く印象的なラインが引けて目力も出せるのでオススメです。なりたい顔に合わせて2本の黒いリキッドアイライナーを使い分けるのが私流です。

<USE IT>

A. コフレドール フレーミングリキッドアイライナーBK-36

《OTONA SALONE》

特集

page top