けがなし発表一転、鼓膜損傷=市立尼崎高校バレー部の体罰 | NewsCafe

けがなし発表一転、鼓膜損傷=市立尼崎高校バレー部の体罰

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 昨年の全国高校総合体育大会で優勝した兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部のコーチを務める男性臨時講師(28)が部員を平手打ちした問題で、部員が左耳の鼓膜を損傷するなど負傷し、一時意識を失っていたことが15日、同市教育委員会への取材で分かった。市教委は体罰を発表した9日、部員にけがはなかったと説明。その後、外部の指摘を受け、部員を診察した医師の診断書でけががあったことなどを確認した。
 市教委によると、講師は4月29日の練習中、部員の練習態度を指導する中、頬を10回以上平手打ちした。部員は20~30分ほど意識を失い、診断書で脳振とう、左鼓膜裂傷などの負傷も判明した。
 学校側は当初、市教委に対して部員にけがはないと報告していた。部員の保護者は後日、講師らに負傷したと話したとしており、市教委は部や学校がけがを把握した状況を調査する。
 今月7日、学校に匿名の電話があり体罰が発覚した。   昨年の全国高校総合体育大会で優勝した兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部のコーチを務める男性臨時講師(28)が部員を平手打ちした問題で、部員が左耳の鼓膜を損傷するなど負傷し、一時意識を失っていたことが15日、同市教育委員会への取材で分かった。市教委は体罰を発表した9日、部員にけがはなかったと説明。その後、外部の指摘を受け、部員を診察した医師の診断書でけががあったことなどを確認した。
《時事通信社》

特集

page top