「性的虐待の疑い」と診断=ズボン下ろされ、下着も―千葉女児死亡 | NewsCafe

「性的虐待の疑い」と診断=ズボン下ろされ、下着も―千葉女児死亡

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が自宅で死亡し、父親の勇一郎被告(41)が傷害致死罪などで起訴された事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護された際、医師が「性的虐待の疑いがある」と診断していたことが14日、分かった。
 心愛さんは2017年11月、学校のアンケートで父親の暴力を訴え、保護されていたが、児相は医師の診断を受けた約2週間後に解除していた。県の担当者は「重大な検証事項として受け止めている」と話している。
 関係者によると、心愛さんは保護期間中、医師らに対して、「父親に急にズボンを下ろされ、下着も脱げたことがあった」などと話していたという。
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の疑いがあると診断されたが、児相は心愛さんが父方の親族宅で生活することを条件として、同年12月27日に一時保護を解除。18年2月の会議で自宅に戻すことを了承していた。   千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が自宅で死亡し、父親の勇一郎被告(41)が傷害致死罪などで起訴された事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護された際、医師が「性的虐待の疑いがある」と診断していたことが14日、分かった。
《時事通信社》

特集

page top