『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出 | NewsCafe

『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出

芸能 まいじつ/entertainment
『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出

画/彩賀ゆう (C)まいじつ


4月12日より、3人組音楽グループ『いきものがかり』が出演するヤクルトの『ミルミル』『ミルミルS』テレビCMが放送されている。しかし、評判は芳しくないらしい。


【関連】茶番!?『いきものがかり』活動再開に「冷ややかな声」の理由 ほか

「2017年1月に『放牧宣言』という言葉でグループの活動休止を大々的に発表した『いきものがかり』ですが、大きく世間を騒がせた割には、わずか1年10カ月後の18年11月に『集牧宣言』というフレーズであっさりと復活。その直後に『NHK紅白歌合戦』に出場するなど、なぜかやたらと業界で優遇されていました。そんなことが影響してか、どうやら世間は嫌気が差してきたようですね」(芸能記者)


今回のCM内では、この仕事のために書き下ろしたという新曲『アイデンティティ』が使われている。CM冒頭、ボーカルの吉岡聖恵が1人で声を張り上げて歌うシーンから始まり、その後、各場所でがんばる人々の姿が映されていく。すると再び、吉岡の歌っているシーンに戻り、そのままCMは終わりを迎える。構成としては、『いきものがかり』ががんばっている人々を歌で応援するといった内容だ。


《まいじつ》

特集

page top