背筋伸ばし、堂々と車に=保釈のゴーン被告、変装なし | NewsCafe

背筋伸ばし、堂々と車に=保釈のゴーン被告、変装なし

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)は25日夜、東京拘置所から保釈された。帽子やマスクを身に着けて作業員に変装した3月の保釈時とは一変し、ノーネクタイの白いワイシャツに紺色っぽいスーツ姿。背筋を伸ばし、堂々とした様子で、迎えの黒いワゴン車に乗り込んだ。
 ゴーン被告は午後10時20分ごろ、弁護士に付き添われ、拘置所の建物から姿を見せた。職員に周りを囲まれるようにして、ゆっくりと歩く同被告。疲れた様子はなかったが、しっかりと前を向いた表情は険しく、一言も発しないまま車で走り去った。
 保釈に先立ち弁護士事務所の関係者が、ゴーン被告の所持品を詰めたとみられる段ボール3箱をワゴン車に運び込む場面もあった。
 拘置所前には約150人の報道陣が集まり、ワゴン車にフラッシュを浴びせるなど騒然とした。 
《時事通信社》

特集

page top