放射線副読本を回収=教委「被災者配慮欠ける」―滋賀・野洲 | NewsCafe

放射線副読本を回収=教委「被災者配慮欠ける」―滋賀・野洲

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 文部科学省が昨年10月に改訂し全国の小中学校や高校に配布した「放射線副読本」について、滋賀県野洲市教育委員会が、被災者への配慮に欠けているなどとして回収していることが25日、市教委への取材で分かった。
 副読本は、放射線の人体への影響のほか、福島原発事故の被害や復興の現状、風評被害や避難者へのいじめなどが記述されている。
 市教委は3月、市議会での質問を受けて回収を決定。回収の理由について被災者の声が十分書かれておらず、配慮に欠けている廃炉作業など今後の課題を記述せず、安全性を強調した内容になっている―ことなどを挙げている。 
《時事通信社》

特集

page top