燕・川端が「1番・一塁」で巨人戦に出場へ 昇格後初スタメンへの思いを語る | NewsCafe

燕・川端が「1番・一塁」で巨人戦に出場へ 昇格後初スタメンへの思いを語る

スポーツ フルカウント
ヤクルト・川端慎吾【写真:荒川祐史】
■コンディション不良で開幕は2軍 連敗中のチームを救えるか

■ヤクルト – 巨人(25日・神宮)

 ヤクルト・川端慎吾内野手が25日の巨人戦(神宮)に「1番・一塁」で今季初先発する。

 今季はコンディション不良に苦しみ、開幕は2軍スタート。19日に1軍に昇格し、この日はいよいよ初スタメンとなる。

 首位打者となった2015年以来の1番起用に試合前、「後ろの打者たちがすごくいいので、とにかく塁に出ることを考えてやります。が、 塁に出られなくてもやることはいっぱいあるので……。(1番でも)初回以外はあまり打順は気にしていないです」と意気込みを語った。

 試合前の練習では、ティー打撃の後にフリー打撃。すると、もう一度、ティー打撃の練習を行った。「ちょっと何かしっくりこないこともあって。巨人戦初戦で代打で入った時、体の開きがあってレフトフライになったので、身体の開きをもう一度意識して修正したりしました」と課題に取り組んだ。
《Full-count》

特集

page top