ユーチューバー終わりの始まり「春の広告BAN祭り」で次々更新停止に! | NewsCafe

ユーチューバー終わりの始まり「春の広告BAN祭り」で次々更新停止に!

面白ネタ・雑学 秒刊サンデー/政治・社会

ユーチューバーにとって最も恐ろしいのは、登録者数や再生回数がさがることではありません。それは、広告が剥がされて一気に収益がゼロになることです。原因は様々ありますが、判りやすいのはコンテンツとしてふさわしくないものなどですが、明確な基準はありません。そして今更に広告剥がしが加速しております。

広告が止められてしまったユーチューブ動画

広告が止められてしまうというのは、配信が停止するのではなく、動画内に広告がうめこめなくなること、つまり収益がゼロ円になってしまうことです。

理由は定かではないのですが、最近こちらの件のように「テキストスクロール動画」コンテンツが次々と広告を剥がされているようです。やはり視聴者は動画として楽しみたいものであり、スター・ウォーズのOPよろしく、単純にテキストをスクロールさせるだけならば、別に動画じゃなくてもいいよねということです。

ただし、明確ではないにしろ「スパム(価値のない質の低いコンテンツ)」として判断されている可能性が高く、ゆっくり系動画(合成音声&東方Projectキャラがしゃべるやつ)が次々剥がされているという報告もあり、このテキストスクロール系も同じように剥がされ始めたのかもしれません。

引用元:スラッシュドット「Youtubeで「ゆっくり解説」系動画の収益化剥奪相次ぐ」

《秒刊SUNDAY》

特集

page top