【MLB】故意? 故意じゃない? 頭部付近への156キロ速球から乱闘“寸前”「あんな失投ない」 | NewsCafe

【MLB】故意? 故意じゃない? 頭部付近への156キロ速球から乱闘“寸前”「あんな失投ない」

スポーツ フルカウント
フィリーズのリース・ホスキンス(左)【写真:Getty Images】
■レイムの投じた剛速球がホスキンスの頭部付近へ、間一髪でかわすも一触即発に…

■メッツ 9-0 フィリーズ(日本時間24日・ニューヨーク)

 23日(日本時間24日)のフィリーズ-メッツ戦で乱闘“寸前”の騒ぎがあった。頭部付近への投球にフィリーズの強打者リース・ホスキンスが怒り、両軍の選手たちがベンチ前に出てくる一触即発の事態に。故意にも見える投球にフィリーズの監督や選手は不満を漏らしている。

 メッツの9点リードで迎えた9回だった。2死走者なしで打席にフィリーズのホスキンスを迎えたレイムは、初球で頭部付近への97マイル(約156キロ)の剛速球を投じた。ホスキンスはしゃがみこんで間一髪でかわしたものの、すぐにレイムを睨みつける。球審が乱闘にならないように目の前に立ちはだかったが、両軍ベンチから選手やスタッフが続々とグラウンドへ。結局、乱闘にはならなかったものの、スタジアムは不穏な空気に包まれた。
《Full-count》

特集

page top