「夢の機械」は夢に?=洗濯物畳むロボ、ベンチャー倒産 | NewsCafe

「夢の機械」は夢に?=洗濯物畳むロボ、ベンチャー倒産

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の開発を手掛けてきたベンチャー企業、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京)が、資金繰りに行き詰まり倒産した。2015年の家電見本市に試作品が公開され「夢の機械」として注目を集めたが、開発は難航し投資負担が業績を圧迫していた。
 セブン・ドリーマーズは14年設立。23日に東京地裁に自己破産を申請し、手続きの開始決定を受けた。帝国データバンクによると、負債総額は約22億5000万円。 
《時事通信社》

特集

page top