巨人4連勝で堅首! 広島サヨナラ勝ち5連勝、DeNA今季最長6連敗…23日セ・リーグは? | NewsCafe

巨人4連勝で堅首! 広島サヨナラ勝ち5連勝、DeNA今季最長6連敗…23日セ・リーグは?

スポーツ フルカウント
巨人・原監督【写真:Getty Images】
■阪神は連敗3でストップ 中日大野雄8回2失点力投実らず、燕2連敗

 セ・リーグは23日、各地で全3試合が行われた。

 巨人は神宮で行われたヤクルトとの首位攻防戦で9-0で4連勝。2位のヤクルトと1.5ゲーム差に広げた。先発の山口が6回1死までノーヒット投球。8回6奪三振3四球、1安打無失点で無傷の4勝目を挙げた。打線は初回にビヤヌエバの右犠飛で先制すると、2点リードの4回には亀井の右翼線適時二塁打で加点。8回には中島の移籍後初安打となる左越え二塁打、9回には増田大のプロ初安打初打点となる左前適時打が飛び出した。小林は5打数4安打3打点の大活躍。14安打9得点した。ヤクルトは先発の原が6回6安打3失点と試合を作ったが、打線が3安打と元気がなかった。2連敗となった。

 広島はマツダスタジアムで行われた中日戦で5-4で今季2度目のサヨナラ勝ち。今季初の5連勝を飾った。2?2で迎えた9回2死満塁から小窪が右前適時打を放った。投げては今季初先発のアドゥワが7回6安打2失点と好投。9回から救援した抑えの中崎が今季初勝利を挙げた。4番の鈴木が下半身のコンディション不良で今季初の欠場。中日は先発の大野雄が8回5安打2失点と力投したが、あと1点が遠かった。
《Full-count》

特集

page top