マクロン大統領、ゴーン被告に言及=日仏首脳会談 | NewsCafe

マクロン大統領、ゴーン被告に言及=日仏首脳会談

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は23日の日仏首脳会談で、4度目の起訴をされた日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告について言及した。発言内容は明らかにされていないが、長期の勾留などに懸念を示したとみられる。
 会談に同席した西村康稔官房副長官によると、首相は日本の刑事司法について「独立性の高い捜査機関により、厳格な司法審査を経て適正な手続きの下で行われている」と説明した。
 両首脳は日産と仏ルノーの今後の関係についても意見交換。首相は「日産のガバナンス改革を踏まえ、関係当事者が納得する形で安定的なアライアンス(企業連合)の維持・強化が図られることが重要だ」と伝えた。 
《時事通信社》

特集

page top