アンゴラ村長、スーパー3助との破局危機を脱出 惚れ直したエピソードを披露 | NewsCafe

アンゴラ村長、スーパー3助との破局危機を脱出 惚れ直したエピソードを披露

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
アンゴラ村長、スーパー3助との破局危機を脱出 惚れ直したエピソードを披露
 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#110(毎週月曜よる9時~)が4月22日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。にゃんこスター・アンゴラ村長が、彼氏で相方のスーパー3助と、破局・コンビ解消危機を乗り越えたことを明かした。
 矢作から「別れるかと思ったら続いてるね」と話を振られたアンゴラ村長。以前の放送では、スーパー3助の芸に対する姿勢を疑問視して別れをチラつかせていたが、この日は「天才感をチラッと見せてくる」と惚れ直していることを明かし、矢作から「アイツはチラ見せがうまいよなー」と冷やかされていた。

 アンゴラ村長はスーパー3助が「ネタを書いてくる」と出かけた時のエピソードとして、「2時間後に迎えに行ったら、ノートに『へちま』とだけ書かれていた」「天才なんじゃないかと思った」と目を輝かせた。一般的には理解できないかもしれないが、どうやらそれがアンゴラ村長の感性にハマったようだ。
 そんなにゃんこスターのネタ作りだが「一緒に作るとお互いの我が強すぎる」「『ワケがわからないからナシで』となってしまう」と、ネタが未完成で終わる恐れがあることから、いまでは「3助さんのネタ、私のネタを、お互い有無を言わずにやる」「お互いを尊重して、肯定している」と、頭脳が2つの状態になっているのだそう。ネタのワケがわからなくても、実際にやってみると意外とウケることもあると語り、「信頼している」と、自信をにじませた。

 互いに芸に向き合い、信頼感で結ばれるようになったにゃんこスター。当分、破局危機は来なそうだ?


(c)AbemaTV

【見逃し配信中】忘れたくない!ブスな私がバージンを卒業した日 おぎやはぎの「ブス」テレビ#110
 
《AbemaTIMES》

特集

page top