【令和元年】幸福度ランキング G7最下位の58位から考える「お金との付き合い方」 | NewsCafe

【令和元年】幸福度ランキング G7最下位の58位から考える「お金との付き合い方」

お金 マネーの達人
【令和元年】幸福度ランキング G7最下位の58位から考える「お金との付き合い方」

新元号が「令和」に決まりました。

新しい紙幣のデザインの発表もあり、新年度のスタートは華やかなムードに包まれました

思えば、昭和から平成になった時は、昭和天皇が病床にふされていた期間、崩御をへての改元だったため、イベントが中止になったりして沈鬱なムードの中、経済活動に停滞感もありました。

今年度を明るい気持ちで迎えられたのはよかったと思います。

「令和」時代の幸せ感は?

改元を機に「幸福」について考えてみたいと思います。

幸せな人生ってなんでしょう? 

みなさんにとって幸せとはどういうイメージですか。

お金があれば幸せとは言えませんが、経済的自由は、人生の選択肢を拡げてくれることもまた事実です

お金は単なる交換手段に過ぎませんが、お金は、便利さや安全、安心、楽しさなどと交換できます

でも、お金を得る手段としての仕事について、余暇を犠牲にして、あるいは、ワークライフバランスを軽視してやることには魅力を感じなくなっている人も増えています

いわゆる昭和世代の「仕事が全て。残業はいとわず、出世と賃金アップを目標に」という働き方は、平成の30年間で過去のものとなったようです。

先日、ある企業で新入社員研修をした時のことです。

ある男性は、

「仕事も私生活も充実させたい。仕事で手抜きをするつもりはないが、できるだけ合理的にやりたい。会社に全てをささげるような働き方はしたくない」

とおっしゃっていました。

また、ある女性は、

「仕事でキャリアアップしたいが、結婚して子供も欲しい。産休や育休を取っても、正当に評価してくれることを期待している」

と述べていました。

共働き世帯が増えた今、ワークライフバランスをとりながら、かつ、「好きを仕事に」や「やりがいのある仕事を」という意識はますます強くなっているようです

《マネーの達人》

特集

page top