中国人姉妹殺害、差し戻し=一審懲役23年の男―東京高裁 | NewsCafe

中国人姉妹殺害、差し戻し=一審懲役23年の男―東京高裁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 神奈川県秦野市の山林で2017年、キャリーバッグに入った中国人姉妹の遺体が見つかった事件で、殺人罪などに問われた岩崎竜也被告(41)の控訴審判決が19日、東京高裁であった。中里智美裁判長は「一審の量刑判断は不合理」と述べ、懲役23年とした横浜地裁判決を破棄、審理を同地裁に差し戻した。
 中里裁判長は、一審が凶器を使用していなかったことなどを理由に有期懲役刑を選択したことを疑問視。「凶器を用いなくとも、5分程度首を圧迫するのは危険な方法」と指摘し、一審は不適切な量刑資料を参考にし、量刑を誤ったと結論付けた。
 起訴状などによると、岩崎被告は17年7月6日、横浜市内の陳宝蘭さん=当時(25)=、妹の宝珍さん=同(22)=が住むマンションに侵入。姉妹の首を絞めて殺害し、遺体をキャリーバッグに入れて秦野市の山林に遺棄したとされる。 
《時事通信社》

特集

page top