平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人 | NewsCafe

平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人

健康・生活 もこすく
平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
平日は普通に食事をしているのに、金曜日の夜から日曜日にかけて、食欲が抑制不能になったかのようにたくさん食べてしまう「週末過食」
もしかすると、それは身体が発している何らかのメッセージかもしれません。
「週末過食」はお勤めしている人には誰にでも起こり得る現象です。
原因や懸念される身体へのリスク、「週末過食」に陥らないための対策ポイントなどを管理栄養士が解説します。

「週末過食」の原因は?


食べることは、からだとこころの栄養となり、生命を維持する上で重要な行為です。
それゆえ、食欲に関わる身体のメカニズムはとても複雑です。
「食べたい」という欲求は、脳の視床下部にある摂食中枢の活動によって起こります。
摂食中枢を刺激する要因はさまざまですが、おもに次のようなシグナルがあります。

飢餓のシグナル


《Mocosuku》

特集

page top