萩生田氏、憲法「ワイルド」発言を陳謝 | NewsCafe

萩生田氏、憲法「ワイルド」発言を陳謝

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 自民党の萩生田光一幹事長代行は19日、衆参両院憲法審査会の運営をめぐり「ワイルドに進める」などとした自身の発言について、「野党の皆さんに不快感を与え、結果として(18日に)協議が成立しなかった。憲法審査を前に進めていただきたいという私の本意とは違う」と述べ、発言を陳謝し、訂正した。党本部で記者団に語った。
 萩生田氏は18日のインターネット番組で、今国会で憲法審が開かれていない状況に関し「新しい時代になったら、少しワイルドな憲法審査を進めていかないといけない」と発言。野党側は反発し、同日予定されていた衆院憲法審の筆頭幹事間協議を拒否した。 
《時事通信社》

特集

page top